CRST season2
In search of post-modern dress code

In SEASON 2, we launch a collection which restructure the post-modern dress code combining dress clothes and sportswear without no medium.Balmacaan coat with plaid pattern at backside of collar, drizzler jacket, double-breasted blazer and trousers are introduced with a loose silhouette.

Search for the “NEW NORM”, not the new standard.

In addition, we would like you to focus on the products which project the “CASUALS”, one of the UK subculture. “CASUALS” had been evolved through the football fan of Liverpool in 70’s and is youth culture originated in football stadium different from another cultures based on the prosperous music in UK.Since its birth, the young football fans spread the sportswear on the UK street. They were influenced by Italian young people around the same age with the passage of ages from 70’s to 90’s and produced popular brands in the “CASUALS”. Among it, a coordination with traditional UK brands and tennis-wears became a standard.Furthermore, it’s been spread to throughout the UK with sneaker boom joined, and wearing some brands’ tennis shoes and running shoes would be a status for the “CASUALS”.

For this season, collaboration with ellesse, Italian sports wear brand to have roots in tennis comes true.CRST refines their iconic windbreaker born in 80’s while following nostalgic and colorful 90’s Italian design.

CRSTシーズン2では、ドレスクローズとスポーツウェアを無媒介で結びつけた、ポストモダンのドレスコードを再構築するコレクションを展開。襟裏チェックのバルマカーンコートとスイングトップ、ダブルのブレザーやトラウザーズはルーズシルエットでの提案。新たなスタンダードではなく、新たな規範(NORM)、”NEW NORM”を探る。

加えて、英国サブカルチャーのひとつである”カジュアルズ”を投影したプロダクトにも着目してほしい。”カジュアルズ”は70年代リヴァプールのフットボールファンから発展し、英国で隆盛した音楽をバックボーンとする他のカルチャーとは距離をおいた、フットボールスタジアム発祥のユースカルチャーである。発祥以降、フットボールファンの若者たちがイギリスのストリートにスポーツウェアを広め続け、70年代~90年代へ時代の経過とともにイタリアの同世代の若者たちからも影響を受けつつ、”カジュアルズ”内での人気ブランドが生まれ、そこに老舗英国ブランドやテニスウエアなど合わせるコーディネートも定番となる。さらにスニーカーブームの潮流も加わって英国中に広がり、某ブランドのテニスシューズやランニングシューズを履くこともカジュアルズにとってのステータスとなる。 そのカルチャーのエッセンスと流れを汲み、今シーズンは、テニスをルーツとしたイタリア生まれのスポーツブランド ellesse との共作が実現。エレッセが1980年代に生み出したアイコニックな「ウィンドアップス」。それまではニット素材が主流だったトレーニングウェアを軽量な布帛素材でつくり、テニスコートからストリートまで使えるアイテムとして流行した。エレッセ独自のノスタルジックで色鮮やかな90sイタリアンデザインを踏襲しながら、CRSTがよりオリジナルに近くなるようリファインした。

DIGAWEL 2021SS COLLECTION
” Domestic Landscape ” 

The theme “house, housework, moving clothes about 200m from the house”

The category “Shirt-like”
A matching fabric tops and bottoms as a formal wear in the house / Image of wearing a shirt-like coat over the pajamas when taking out the trash / Not cramped, a cozy style

Flowers as an indispensable part of life
Shirt and blouson in British Liberty fabric with floral print /Jerseys, shirts and pants with embroidered flowers like a hand stich.

A printed T-shirt using three types of ready-made bodies for the first time / Three T-shirts with DIGAWEL logo designed by Yoshihisa Tanaka.

Approach to miscellaneous goods
A bag with details designed with a more “miscellaneous” approach. Canvas daypack and tote bag with dipped bottom part / A bag that focuses on the material itself, not on its form or function. The material Tyvek is a building material developed by DuPont that boasts excellent moisture permeability, waterproof performance, durability and strength. / Both bags are collaborated product with PORTER Yoshida Kaban / A new tri-fold wallet has been added to the PURSE series of leather goods.

The label “CRST”, which is a team-up of DIGAWEL and J. PRESS, each with a different cultural background, will continue as Season 2 in the spring and summer of 2021.

d-RED_0001のコピー

” 家、家事、家から200mくらいの移動着 “というテーマ

“シャツ・ライク”というカテゴリー
家の中でのドレスクローズとしてのセットアップ/ゴミ出しの時にパジャマの上からシャツっぽいコートを羽織るイメージ/あくまでも窮屈ではない居心地良いスタイル

生活に欠かせないものとしての花
花がプリントされたイギリスLiberty社の生地を使用したシャツとブルゾン/ハンドステッチのような花の刺繍が施されたカットソー・シャツ・パンツ

初めて三種の既成ボディを使用したプリントTシャツ/田中義久によってデザインされた三つのDIGAWELロゴを載せたTシャツ

雑貨へのアプローチ
より”雑貨的”なアプローチで細部をデザインしたバッグ。キャンバス地にディッピング加工を施したデイパックとトートバッグ/形態や機能からではなく素材そのものにフォーカスしたバッグ。素材のタイベックはデュポン社が開発した透湿防水性能に優れ耐久性能と強度を誇る建築資材/どちらのバッグもPORTER吉田カバンとのコラボレーション/レザーグッズPURSEシリーズへ新たに三つ折り財布が仲間入りした

それぞれに異なるカルチャーを持つDIGAWELとJ.PRESSがチームアップした“CRST”はシーズン2として2021年春夏も継続する

 

1/23(sat)より21SSコレクションが DIGAWEL 1 とDIGAWEL ONLINE STOREにて立ち上がります。ぜひご覧ください。

DIGAWEL1 store open 12:00-19:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

DIGAWEL 2020AW COLLECTION
DIGAWEL autumn/winter 2020 is a collection with image sourced out of 90s street with an eye-catching printed fabrics and French Trad. Continuing from the 2020SS season, we have created original ‘plant’ printed fabric by using the material that give an unusual touch of the fabric. The t-shirts and shirts are designed with a lean silhouette, and we pursued the optimal balance and design for each pattern of the print. Pants are designed in variations so that you can enjoy the small differences such as different fabrics in the same silhouette.
As a whole, a color palette that looks good in FALL/WINTER season has been used in this collection. The collaboration item with F/CE is DIGAWEL’s very first down jacket using recycled nylon, a boiler suit and dress with triple name with British workwear brand YARMO, and a cooler bag that can also be used as a record case.
“CRST” the collaboration line with J.PRESS, DIGAWEL refines the crest motif that has existed in J.PRESS for a long time and outputs it to the product, which is used from outerwear to hats and socks. A capsule collection that proposes a new style by dismantling and rebuilding the preconceptions of IVY and Trad.

01

2020年秋冬のDIGAWELはプリントされた生地が眼を引く90sストリートやフレンチトラッドをイメージソースとしたコレクションです。
2020SSシーズンから引き続き、変わった質感を感じさせる生地を使用し、植物をテーマにしたオリジナルプリント生地を製作。カットソーやシャツはリーンなシルエットを意識していますが、柄ごとに最適なバランスやデザインを追求しました。パンツは同じ型の素材違いなど小さな違いによって変わるテイストを楽しめるようになっています。
全体的にFALL/WINTERに映えるカラーパレットを使用しました。
F/CEとのコラボレーションアイテムは、リサイクルナイロンを使用したDIGAWELでは初めてのダウンジャケット、イギリスYARMOとのトリプルネームのボイラースーツとワンピース、レコードケースにもなるクーラーバッグの4型です。
J.PRESSとのコラボレーションライン”CRST” J.PRESSに古くから存在するクレストモチーフをDIGAWELがリファインしプロダクトにアウトプット。アウターから帽子やソックスまで幅広く展開しています。IVYやトラッドの先入観を解体し再構築することで新たなスタイルの在り方を提案するカプセルコレクションです。

7/20(mon)より20AWコレクションが DIGAWEL 1 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL ONLINE STOREは7/23(thu)から20AWコレクションをご覧いただけます。

DIGAWEL1 store open 12:00-19:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

top_officeware2020

officeware2020 特設サイト

DIGAWEL 2020SS COLLECTION
expression(l)ess

“The death of God signified the disappearance of the viewer of the soul, for whom its design was practiced for centuries. Thus the site of the design of the soul shifted. The soul became the sum of the relationships into which the human body in the world entered. Previously, the body was the prison of the soul; now the soul became the clothing of the body, its social, political, and aesthetic appearance. Suddenly the only possible manifestation of the soul became the look of the clothes in which human beings appear, the everyday things with which they surround themselves, the spaces they inhabit. With the death of God, design became the medium of the soul, the revelation of the subject hidden inside the human body.”
Boris Groys ‘The Obligation to Self-Design’

網膜的な表情ではなく手ざわりを通じて未知の感情に触れてしまったことが、今回のコレクションの発端にあたります。それを起点にわたしたちは文字通り手探りでリサーチを進めていきました。表情に欠いた見えないものへの不安と予感そして暗示が画面に充填されたホラー映画というジャンルを参照枠とすることで、視覚に導かれた理性的なものではない触覚的な感情をなんとか捉えようと努めています。

1/17(fri)より20SSコレクションが DIGAWEL 1 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL1 store open 12:00-19:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

アートボード 2-100

2019年8月1日(木曜)よりわたしたちの店舗の営業時間が変わります。

We’d like to inform you of our shopping hours change from August 1st, 2019.

 

Instagram告知

 

DIGAWELをはじめて今年で13年になります。わたしたちがいるこの場所やそれを巡る状況もこの13年間で大きく変化しました。

2009年に始まったDIGAWEL2の店舗機能は7/15をもって終了しました。

この場所は引き続き、ショウルーム/オフィスとして機能させていくことになります。

そして、DIGAWEL2の店舗機能は2019年7/25 PM12:00よりオンラインで展開していくことにしました。13年前ならば考えることさえできなかった、この新しい店舗にわたしたちはとても興奮しています。DIGAWELに関わるすべての人たちとこの興奮を頒けあい、ともに楽しめるONLINE STOREになれば良いなと考えています。

https://store.digawel.com

Goodbye, Hello.

It’s been 13 years this year since DIGAWEL started. The place we are in and the circumstances surrounding it have also changed significantly over the past 13 years.

DIGAWEL 2, which began in 2009, ended on July 15. This place will continue to function as a showroom / office.

And DIGAWEL2’s store function will be developed online from July 25 2019. We are very excited about this new store, which we couldn’t even think about 13 years ago. We hope that we can share this excitement with everyone involved in DIGAWEL and hope that it can become an ONLINE STORE that we can enjoy together.

DIGAWEL 2019AW COLLECTION
External Drive

WHOLEGARMENT knitwear developed in accordance with the efforts of JFWO and SHIMA SEIKI MFG., LTD., to support the creation of designer collections that started in the 2019 AW season.The first collaboration item with Lee is denim jacket, chaps pants, service coat, overalls, and western shirt. It features a loose body width with a big silhouette that Lee does not have, and pursues a modern work style based on a model from 1950’s to 1960’s.DIGAWEL collaborate with YOSHIDA&CO.,LTD., almost every season. We made a bag which design stemmed from a work belt paid homage to the work style nowadays. On the other hand, the officeware label, which sees the work style in the generic office as the last resort of physical context, also collaborates with them to make bags and pouches.In addition to these so-called collaborations, in this collection, we have incorporated “outside” casually at various layers. It looked like an external drive connected  insecurely in the manner of ghetto engineering.The title of the 2019 Fall and Winter Collection comes from this image.

 

2019AWシーズンからスタートしたデザイナーのコレクション制作をサポートするJFWO(日本ファッション・ウィーク推進機構)と島精機製作所が進める取り組みに則ってつくられたホールガーメントニットウエア。
Leeとの初のコラボレーションアイテムは、デニムジャケット・チャップスパンツ・サービスコート・オーバーオール・ウエスタンシャツの5型。Leeにはないビックシルエットのゆったりとした身幅が特徴で、1950年~1960年代の型をベースに現代的なワークスタイルを追求。
ほぼ毎シーズン続けている吉田カバンとのコラボレーションでも現代的なワークスタイルとしてワークベルトをモチーフにしたバッグをつくりました。その一方でジェネリックなオフィスでのワークスタイルをフィジカルのラストリゾートとして捉えたofficewareレーベルでも協働してバッグやポーチを製作しています。
こうしたいわゆるコラボレーションだけにとどまらず今回のコレクションではさまざまなレイヤーにおいてわたしたちは”外部”をノンシャランに取り込んでいきました。そのさまがまるでghetto engineeringで危なっかしい接続がなされたexternal driveのように思えたのです。
2019年秋冬コレクションのタイトルはこのイメージから採られています。

 

7/20(sat)より19AWコレクションが DIGAWEL 1 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL1 store open 12:00-19:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

 

DIGAWEL 2019SS COLLECTION
a study of the mass

We have studied about the mass for this collection by experimenting various forms.New refined silhouette was added to the trousers and overall volume and balance were adjusted.
Moreover, compared to the past collections, less print appears so that the textures of the fabrics can be a part of a delicate color palette of this season.

01

今回のコレクションはさまざまなフォルムの中で方向性を探りながらマッスについてスタディを重ねました。とくにボトムスは新たにリファインされたシルエットが加わり全体のボリュームとバランスに変化が導入されました。
またこれまでのコレクションよりプリントなどを大幅に抑えて、表面の肌理までも色彩の一部とするような繊細なカラーパレットのシーズンになっています。

1/18(fri)より19SSコレクションが DIGAWEL 1,DIGAWEL 2 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL1 store open 13:00-20:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

DIGAWEL2 store open 12:00-20:00
東京都目黒区中町2-11-16

1/17(thu)は立ち上げ準備のため、DIGAWEL2のみ休業します。

recap

officeware1@suppose design office

digawel_officeware

https://mastered.jp/exclusive/report/digawel-officeware-opening