DIGAWEL 2020SS COLLECTION
expression(l)ess

“The death of God signified the disappearance of the viewer of the soul, for whom its design was practiced for centuries. Thus the site of the design of the soul shifted. The soul became the sum of the relationships into which the human body in the world entered. Previously, the body was the prison of the soul; now the soul became the clothing of the body, its social, political, and aesthetic appearance. Suddenly the only possible manifestation of the soul became the look of the clothes in which human beings appear, the everyday things with which they surround themselves, the spaces they inhabit. With the death of God, design became the medium of the soul, the revelation of the subject hidden inside the human body.”
Boris Groys ‘The Obligation to Self-Design’

網膜的な表情ではなく手ざわりを通じて未知の感情に触れてしまったことが、今回のコレクションの発端にあたります。それを起点にわたしたちは文字通り手探りでリサーチを進めていきました。表情に欠いた見えないものへの不安と予感そして暗示が画面に充填されたホラー映画というジャンルを参照枠とすることで、視覚に導かれた理性的なものではない触覚的な感情をなんとか捉えようと努めています。

1/17(fri)より20SSコレクションが DIGAWEL 1 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL1 store open 12:00-19:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

アートボード 2-100

2019年8月1日(木曜)よりわたしたちの店舗の営業時間が変わります。

We’d like to inform you of our shopping hours change from August 1st, 2019.

 

Instagram告知

 

DIGAWELをはじめて今年で13年になります。わたしたちがいるこの場所やそれを巡る状況もこの13年間で大きく変化しました。

2009年に始まったDIGAWEL2の店舗機能は7/15をもって終了しました。

この場所は引き続き、ショウルーム/オフィスとして機能させていくことになります。

そして、DIGAWEL2の店舗機能は2019年7/25 PM12:00よりオンラインで展開していくことにしました。13年前ならば考えることさえできなかった、この新しい店舗にわたしたちはとても興奮しています。DIGAWELに関わるすべての人たちとこの興奮を頒けあい、ともに楽しめるONLINE STOREになれば良いなと考えています。

https://store.digawel.com

Goodbye, Hello.

It’s been 13 years this year since DIGAWEL started. The place we are in and the circumstances surrounding it have also changed significantly over the past 13 years.

DIGAWEL 2, which began in 2009, ended on July 15. This place will continue to function as a showroom / office.

And DIGAWEL2’s store function will be developed online from July 25 2019. We are very excited about this new store, which we couldn’t even think about 13 years ago. We hope that we can share this excitement with everyone involved in DIGAWEL and hope that it can become an ONLINE STORE that we can enjoy together.

DIGAWEL 2019AW COLLECTION
External Drive

WHOLEGARMENT knitwear developed in accordance with the efforts of JFWO and SHIMA SEIKI MFG., LTD., to support the creation of designer collections that started in the 2019 AW season.The first collaboration item with Lee is denim jacket, chaps pants, service coat, overalls, and western shirt. It features a loose body width with a big silhouette that Lee does not have, and pursues a modern work style based on a model from 1950’s to 1960’s.DIGAWEL collaborate with YOSHIDA&CO.,LTD., almost every season. We made a bag which design stemmed from a work belt paid homage to the work style nowadays. On the other hand, the officeware label, which sees the work style in the generic office as the last resort of physical context, also collaborates with them to make bags and pouches.In addition to these so-called collaborations, in this collection, we have incorporated “outside” casually at various layers. It looked like an external drive connected  insecurely in the manner of ghetto engineering.The title of the 2019 Fall and Winter Collection comes from this image.

 

2019AWシーズンからスタートしたデザイナーのコレクション制作をサポートするJFWO(日本ファッション・ウィーク推進機構)と島精機製作所が進める取り組みに則ってつくられたホールガーメントニットウエア。
Leeとの初のコラボレーションアイテムは、デニムジャケット・チャップスパンツ・サービスコート・オーバーオール・ウエスタンシャツの5型。Leeにはないビックシルエットのゆったりとした身幅が特徴で、1950年~1960年代の型をベースに現代的なワークスタイルを追求。
ほぼ毎シーズン続けている吉田カバンとのコラボレーションでも現代的なワークスタイルとしてワークベルトをモチーフにしたバッグをつくりました。その一方でジェネリックなオフィスでのワークスタイルをフィジカルのラストリゾートとして捉えたofficewareレーベルでも協働してバッグやポーチを製作しています。
こうしたいわゆるコラボレーションだけにとどまらず今回のコレクションではさまざまなレイヤーにおいてわたしたちは”外部”をノンシャランに取り込んでいきました。そのさまがまるでghetto engineeringで危なっかしい接続がなされたexternal driveのように思えたのです。
2019年秋冬コレクションのタイトルはこのイメージから採られています。

 

7/20(sat)より19AWコレクションが DIGAWEL 1 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL1 store open 12:00-19:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

 

DIGAWEL 2019SS COLLECTION
a study of the mass

We have studied about the mass for this collection by experimenting various forms.New refined silhouette was added to the trousers and overall volume and balance were adjusted.
Moreover, compared to the past collections, less print appears so that the textures of the fabrics can be a part of a delicate color palette of this season.

01

今回のコレクションはさまざまなフォルムの中で方向性を探りながら
マッスについてスタディを重ねました。
とくにボトムスは新たにリファインされたシルエットが加わり
全体のボリュームとバランスに変化が導入されました。
またこれまでのコレクションよりプリントなどを大幅に抑えて
表面の肌理までも色彩の一部とするような繊細なカラーパレット
のシーズンになっています。

1/18(fri)より19SSコレクションが DIGAWEL 1,DIGAWEL 2 にて立ち上がります。
ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL1 store open 13:00-20:00
東京都目黒区上目黒2-30-7

DIGAWEL2 store open 12:00-20:00
東京都目黒区中町2-11-16

1/17(thu)は立ち上げ準備のため、DIGAWEL2のみ休業します。

recap

officeware1@suppose design office

digawel_officeware

https://mastered.jp/exclusive/report/digawel-officeware-opening

 

officewareLOGO

2018年11月23日(勤労感謝の日)より3日間
suppose design office 社食堂にて
「ディガウェルによるオフィスウエア」を開催します。

生活する空間の大部分がネット空間へ移植された後に残されたスペース。 そこでは全てのものが絶えず再定義され続けるので決して安定することがない。 まだ生活= “ライフ” スタイルを形作るものは残されているのだろうか。 そしてどのようなワーク “ライフ” バランスが可能なのか。 曖昧なままに流通している “ライフ” とワークがあやうい同居を続ける このスペースを仮にオフィスと呼ぶことにしよう。

「ディガウェルによるオフィスウエア」はコラボレーションを通して このスペースをくまなく探査しようという試みです。

このポップアップイベントではオフィスをテーマとしてDIGAWELがウェアや雑貨、 そして吉田カバンと協働してバッグ・ポーチなどを製作しました。 ほかにはSCOSからレアなステーショナリーが、 またTOXGOからはテーマに則ったセレクションの古着などが届きます。

そのパブリックとの関係がオフィスウエアの大きなインスピレーションとなった 社食堂を持つサポーズデザインオフィスは、イベント空間構成を担当しています。

吉田カバン http://www.yoshidakaban.com/
SCOS https://www.scos.gr.jp/open.htm
TOXGO http://toxgo.tumblr.com/
サポーズデザインオフィス http://www.suppose.jp/

2018/11/23(金)~11/25(日) 12:00~19:00
東京都渋谷区大山町18-23
サポーズデザインオフィス社食堂
03−5738−8480

A 3 day event ‘officeware powered by DIGAWEL’ will be held from 23 November in Sha-shokudo, Suppose design office.

In space left after most of the living space has been moved into the Internet, nothing will be stable as everything continues to be redefined constantly. Is there anything still forming a life style? And what kind of work-life balance is possible? Let’s call this space where life that is circulated ambiguously and work keep sharing an ‘office’.
‘officeware powered by DIGAWEL’ attempts to explore this space through collaboration.

In this popup event, DIGAWEL produced clothing and goods, and collaborated with Yoshida & Co.,Ltd to produce bags and pouches with the theme of office. Moreover, rare stationery from SCOS and selected vintage clothing from TOXGO will be delivered.

Suppose design office, which also runs Sha-shokudo that is a public eatery inspired by the office cafeteria and become a big inspiration for officeware, is in charge of space design of the event.

2018/11/23(Fri.) ~ 11/25(Sun.) 12:00〜19:00

18-23, Oyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo   Suppose design office Sha-shokudo.

 

2018 A/W COLLECTION

_DSC1127

7/12(thu)より18AWコレクションが

DIGAWEL 1,DIGAWEL 2にて立ち上がります。

ぜひ店頭にてご覧ください。

2018 S/S “YOURFORM”

DIGAWEL_0001

1/20(sat)より18SSコレクションが

DIGAWEL 1,DIGAWEL 2にて立ち上がります。

ぜひ店頭にてご覧ください。

DIGAWEL2017AW CAPSULE COLLECTION “OLIVE”

OLIVE

MA-1

モッズコート

スタンダードシャツ

後染めカットソー

ギャルソンパース

Lパース(L,S)

2017年9月16日より直営店舗である「DIGAWEL2」と期間限定ポップアップ
ストアとして(9/16〜9/29まで)広島のセレクトショップ「ref.」にて

販売開始。

また、広島のポップアップストア限定アイテムとして
パース類のオリーブ色も販売いたします。

※DIGAWELとref.で展開されるアイテムは多少異なります。

DIGAWEL2
 
ref.